相続放棄の概要

取引先からの電話

相続放棄は弁護士や司法書士に依頼することが出来ます

相続放棄についてご存知でしょうか。たとえば親が多額の借金などを遺して亡くなった場合、それを理由に相続をしないことをこのように呼びます。この借金が多いなどのマイナスの理由が多い場合、あるいは相続争いに巻き込まれたくない時などには、この相続放棄をするといいでしょう。この場合は家庭裁判所に、相続放棄申述書を提出し、それが認められた場合は相続放棄申述受理通知書と呼ばれる書類が、家庭裁判所から送られます。しかし忙しくて裁判所まで行けない、あるいは書類の作成を誰かに代わってやってもらいたい場合には、弁護士や司法書士に手続きを依頼することも可能です。弁護士や司法書士は法律のプロであるため、間違いなく手続きをやってもらうことが出来るので安心です。

事務所によってはかなりお得な手続きも可能です

では、弁護士や司法書士に依頼した場合の費用はどのくらいかかるのでしょうか。一般的には相続放棄手続きに加え、書類取得料や郵送費用など込みで3万円から5万円程度です。ただし、事務所によってはもう少し割安で手続きをしてくれる所もありますので、ネットで検索をしてみるのもいいでしょう。事務所によっては、複数人が相続放棄をする場合は、2人目以降の手続きは割安にしてくれることもあります。また相続放棄は、自分が相続人になったことを知ってから3か月以内に行うもので、3か月間そのままにしておくと失効となり、相続を承認せざるをえなくなりますが、このような場合にも、本来の相続放棄とさほどに変わらない費用で、相続放棄の手続きをしてくれる事務所もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加