費用や流れ

資料を確認中

相続放棄にかかる費用

相続が発生したけれど被相続人は財産どころか借金まみれだった、という時、何もせず放置していると、相続人は借金を肩代わりすることになってしまいます。そんな時にお勧めしたいのが相続放棄です。手続き自体はそれほど難しいものではありませんので、自分でやった場合は印紙代や各種書類の手数料で3,000円するかしないかくらいで済みます。しかし一度受理されてしまうと取り消しが出来ないため、放棄するかどうかの判断は慎重に行う必要があります。不安であれば司法書士などの専門家に頼っても良いでしょう。ちなみに司法書士に依頼した場合は3万円〜5万円、弁護士だと10万円程で期限が近かったり過ぎていたりするとこれらの倍近くになります。また時々行政書士も相続放棄できるような書き方をしているHPがありますが、行政書士は相続放棄は扱えないので、専門家に依頼するなら必ず司法書士か弁護士にしましょう。

実際の手続きの流れとは

相続放棄の手続き(申述)は相続があったことを知った日から3カ月以内に、被相続人の住所地の所轄家庭裁判所で行う必要があります。ここで間違えやすいのは「実際に相続があった日」ではないことと、申述先が「申述人の住所地の所轄家庭裁判所」ではないという点です。実際の手続きの流れとしては家庭裁判所に「相続放棄申述書」に添付書類や印紙を添えて提出します。遠方の場合は郵送でも構いません。すると家庭裁判所から「照会書」が送られてきます。これは確認書のようなもので、書かれている質問事項の回答を記入して郵送します。そして受理されれば「相続放棄申述受理通知書」が届きますので、これで手続きはすべて完了です。相続放棄はこの手続きを踏まないと認められません。

このエントリーをはてなブックマークに追加